紅葉

今年も残り50日を切りました。11月7日の「立冬」を過ぎてもなかなか冬らしくならず、最近ようやく神戸地方裁判所のサクラやケヤキの葉っぱが赤くなってきました。地球温暖化の影響でしょうか、木々の紅葉が1,2週間遅れているように感じます。私たちは昔から四季の巡りのなかで季節を感じて生活をしてきましたが、都会では木々も少なく、季節の移り変わりに鈍感になってきているように思います。

この季節に出没する「はぐれ猿」ですが、阪神間を騒がせた「猿」も山に帰ったようで、目撃情報が途絶えました。大阪北部(箕面周辺?)~大阪市内~尼崎市内~西宮市内と目撃情報が有りました。その後は推測ですが宝塚~北摂(三田・篠山)~京都府西部或いは大阪府北部方面へ行ったと思われます。

元の群れから離れて,他の群れを探して放浪していたのでしょうが、阪神・神戸辺りでは,淡路島の群れくらいしか、思い当たりませんよね。どこか別の群れに合流できていれば良いですが・・・

(シャローム綜合法律事務所・事務員・KN