冬の星座

昨夜、ベランダから空を見るとオリオン座がきれいに見えていました。昔、星座を覚えたのですが、人の記憶力というのは悲しいもので、年を追うごとに忘却の彼方へ消えていくことが多くなり、星座もかろうじて、「おおいぬ」、「こいぬ」が分かっただけでした。 冬の星座と言えば、昔、歌いました。「木枯らし途絶えて、さゆる空より・・・」アメリカ人のへイスさんの作曲に堀内敬三さんの訳詞でした。元々はへイスさんが恋人のモーリーさんへの思いを込めた「愛しのモーリー」というラブソングだったという話を聞いたことがあります。 これから、もっと寒くなって、クリスマスを迎えてと,冬の夜は,ロマンチック感が一杯やなとか思いながら、夜空を眺めていました。(シャローム綜合法律事務所 事務員けんさん)