秋登山

最近の夏は暑すぎて、また、台風等の影響で登山道が泥濘んでいたりして、なかなか休日限定では六甲山に登るという気になれないのですが、ようやく、気温も下がり気味で,秋晴れの日が多くなり、山歩きを再開しようかと考えています。

六甲山、特に東部は家から歩いて行けるので、枝道当もよく知っています。

先日、大阪の親子が道に迷ったという記事を見ましたが、何で迷うかなぁという場所でしたが、数十年前、まだ、学生の頃に同じ辺りで道をロストして、斜面を一気に下り、薬大の裏の塀にたどり着いたことを思い出しました。

今のように登山道も整備されていなかった時代でしたが、それからは、六甲山といえども「なめたらアカン」と実感した出来事でした。

時々、六甲山系の西部や中部に遠征することもあります。基本的には縦走路に沿ったコースなのですが、見晴らしの良いお気に入りの場所は菊水山でしょうか。職場近くの神戸地方裁判所の建物は、結構目立っているように思います。逆に、職場からは裁判所の隣りの検察庁の建物が立ちはだかって、菊水山,鍋蓋山は見ることができません。

少し目を東に移すとビーナスブリッジや市章山、遠くは摩耶山まで眺めることができるのですが・・・

終末は有馬越えでもしょうかと,思っています。(事務員けんさん)